プチコラム「低体温について」 その14 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

プチコラム「低体温について」 その14

2016/01/27 カテゴリー:ブログ

前回から冷え性の3兆候の解説をしています。

2 汗かきで量が多いことについて

漢方では汗かきの体質を「虚証」(体力低下)に分類します。
汗をたくさんかくということは、体内に水分が多いからです。

本当の汗というのは、十分に運動した時にかくものです。
あまり運動していないのに、ちょっと動いただけとか、
食事をしたりするだけで大汗をかくのは、
体内の余分な水分を捨てて体を温めようとする反応であり、
極度の精神緊張をした時に出る「冷や汗」と同様の意味があります。

この冷や汗も、水分を捨てて体を温め、ストレスに対抗しようとする反応といえます。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.