プチコラム 「低体温について」 その4 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

プチコラム 「低体温について」 その4

2016/01/12 カテゴリー:ブログ

知らず知らず体を冷やしている原因について

3 ストレスで血行を悪くしている

現代文明社会はストレス社会でもあります。

ストレスが緊張のホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり、
血管が収縮して血行が悪くなり、やがて体温が低下してきます。

ただし、脳からの産熱量は約18%とかなり多いです。

よって、逆にあまりストレスのないボーっとした状態では脳の血流が悪くなり
、脳での産熱量が低下して体温の低下を招くことになります。
ですので、ストレスはほどほどにあったほうがいいといえます。

頭脳労働者の中に、ほとんど肉体労働をしないのにかなり長生きしている人あ多いのは、
脳細胞の活動による産熱量の促進が一因と考えられます。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.