プチコラム 「低体温について」 その1 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

プチコラム 「低体温について」 その1

2016/01/07 カテゴリー:ブログ

セルフケア以外に日常に役立つ情報を発信していきます。
プチコラムとして、
「低体温」についてシリーズで述べていきます。

最近低体温の人が多く、ヒトの平均体温とされる36.5℃の体温がある人のほうが逆に少なくなっています。
ほとんどの人が36.0℃前後しかありません。

熱源である筋肉の収縮、つまり運動から熱が産生される割合は大きいです。
しかし、電化製品などの便利なもやゲームなどの影響で体を動かす機会が近年減ってきています
。低体温の方が増えてきているのもそのような要因も一つ考えられます

体温が下がるとさまざまな代謝が低下し、だるい、何をやっても疲れるといったことが起こりやすく、
燃焼も不完全なので皮下脂肪や内臓脂肪の原因にもつながりやすくなります。
さらに35℃になるとガン細胞が最も増殖しやすい温度といわれており発がん率にも影響します。

ということで、体温を上昇させ、冷えを改善し、病気を予防するには、運動がいかに重要か推測できます。
次回は体を知らず知らず冷やしている原因について詳しく述べていきたいと思います。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.