走っていると膝が痛くなってきたのでみてもらえますか? - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

走っていると膝が痛くなってきたのでみてもらえますか?

2018/08/28 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

ちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんが亡くなったことを知りショックな養畑です。
53歳という若さで亡くなってということでなおショックです。ご冥福をお祈りします。
ちびまる子ちゃんの放送は続くそうですね。

 

さて、先日は新規の方の来院がありました。

「走っていると膝が痛くなってきたのでみてもらえますか?」

とお問い合わせがありご予約いただきました。

 

健康増進目的でウォーキングを住吉川でしていたら、ランニングしている人の姿を見ると走りたくなってきたそうです。

数ヶ月前よりランニングし始めて徐々に左膝の違和感が出てくるようになってきたとのこと。
痛みは1~2週ほど前よりでてきて、階段を降りる際にも痛みが出るようになってきてなかなか引かないので当院にご相談に来られました。

 

問診からお身体の評価をしていきました。

骨や関節周囲の組織に問題はなく、
痛みがでていた箇所は左膝の内側
筋肉が骨につく場所で鵞足と呼ばれる部分です。

図の赤丸で示した部分になります。

青で示された3つの筋肉が1つにまとまってついてくる部分になります。

青の部分の筋肉の硬さが出てくると赤印の部分に引っ張るストレスがかかり炎症が起こります。

次に体全体のバランスをみるために姿勢をみました。

腰の反りがキツく、骨盤が前傾しお尻を突き出したような形

頭が肩よりやや前に位置し首肩にも負担がかかりやすい特徴

本人も腰や首肩の違和感を自覚されていました。

骨盤の前傾でやや重心が前よりになり、バランスを取るためにふくらはぎの筋肉の緊張が強くでていました。

 

歩くときは右側の方がまっすぐな軸で蹴り出せず、左に重心のメインを置いたような歩きかたになっていました。

以上から膝自体の炎症をとることに加えて、
反対側の軸をとれるようにゆがみを整えること
股関節や上半身のバランスも整えること
を施術方針にして初回の施術を開始しました。

ゆがみを整える手技
筋緊張緩和・回復増進目的で鍼施術
自宅でのストレッチ指導

以上をおこない初回の施術を終えました。

 

これからまた走ることができるようサポートをしてまいります!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.