肩の高さに違いがある姿勢にお悩みの小学生 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

肩の高さに違いがある姿勢にお悩みの小学生

2018/08/26 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

阪神ファンではありませんが、なんばにできた阪神タイガース酒場が気になります養畑です。

実際行った患者さんいわく料理のクオリティーも話題性のみの店にありがちな低いものでなく美味しかったそうです。
試合観戦をしながら美味しい料理・お酒が飲めるということで阪神ファンの方は必見ですね。

 

先日は姿勢・動作キノウ診断に来られた小学生の評価をおこないました。

親御さんが気にしていた点は、

・机に向かっているときに肩の高さに違いがある
・ランドセルを背負っている姿勢が斜めになっている
・スポーツなどの動きを覚えるのが器用でない

などでした。

 

まずは立った姿勢を評価すると肩の高さに違いがありました。

実際の写真がこちら

右肩が左に比べて下がっていることが確認できます。

肩の高さに違いがでるのは、
肩・肩甲骨周囲の硬さに違いがある以外に
股関節、足の問題も関係します。

今回相談に来られた小学生も、右肩の硬さはありました。

体全体のバランスを評価すると、股関節・足の問題点の影響が強いことが考えられました。

 

イメージしやすいように実際にまずは歩いてもらいました。

なんとなく骨盤の動きに違いがありませんか?
右足の動く軌道もクセがあります。

わかりやすく静止画で示します。

どちらも後ろ足で蹴り出して反対側の足が着地する瞬間です。

後ろ脚全体とお尻に注目してください。

向かった右側の後ろ脚が外側に流れています。
それを補うようにお尻も左側にぶれる動きが大きくなっています。

以上の問題点で右足の軌道がまっすぐでなくゆがんだ印象になっていました。

 

次にジョグ動作をみました。

なんとなく右足の蹴り出しがあまく足が垂れている印象です。

静止画で詳細をみてみます。

どちらも前足に体重が乗る瞬間を示しています。

向かって左側が右足がつく瞬間ですが、肩の高さの左右差が右側より大きく出ています。

足の蹴り出しの弱さが上半身にも影響していることが確認できます。

 

もっとわかりやすくつま先立ちをしてもらった足の状態を静止画で示します。

右のかかとが外側に流れているのが一目瞭然です。

これは右の足指の力が弱くなっている証拠です。

以上の評価から、右肩自体の柔軟性を高めることに加え、右足・股関節の機能を高めることが姿勢改善に必要と判断しました。

タオルギャザーや四つ這い運動で足全体の機能を上げる体操を指導しました。

 

改善には根気強さは必要ですが、継続することにより変化は出てきます。
ご家族で問題点を理解してもらい、まずはご自宅にて実践してもらうことになりました。
なかなかうまくいかない時は、当院でフォローすることになりました。

 

姿勢や動作でお悩みの方は当院にぜひ一度ご相談下さいね!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.