熱中症は初期段階で対応しましょう! - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

熱中症は初期段階で対応しましょう!

2018/07/20 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

今日が土用丑の日と知り、うなぎが頭から離れない養畑です。
土用丑の日と聞くと夏のイメージを持つのですが、季節の変わり目と解釈できる日なので年に何回かあることを最近知りました。
今年の夏は7月20日と8月1日の二回あります。
どちらかでうなぎを食べたいですねえ〜

うなぎを食べる習慣が一般に広がったのは江戸時代

一説によれば「夏に売上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が店先に
「本日丑の日
土用丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし」
と看板を立てたら大繁盛したことがきっかけだとのこと。

うなぎにはビタミンAやビタミンB群など疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれているので夏バテ防止に良いと言われています。

 

食べるものも大事ですが、今一番気をつけたいのが「熱中症」

7月なのに35度を超える猛暑日が続き、死亡者も出てきていると報道されています。

熱中症は軽度の状態で対応すれば重症化を防げるので対策について解説していきます。

 

発汗と熱中症

ヒトには体温を一定に保つ働きが備わっています。
高温環境下では皮膚からの放熱が促されます。気温が高くなるとされに発汗によって体温を下げる働きが多くなります。

発汗によって血管の中の水分量が減ってくるので水分補給をしないと血液循環が悪くなり血圧が上昇しめまい・立ちくらみなど様々な症状につながります。

さらに脱水が続くと体温調節する機能が破綻して高体温、臓器障害を経て死亡することもあります。

そうならないために軽度の状態で適切な処置をすることが大切です。

 

軽度の熱中症の症状

熱中症の初期の段階で対応すれば、処置も簡単なもので済みます。

ここ最近の急な気温上昇は熱中症が起こりえると予測して初期症状に注意を向けておくことが大切です。

初期症状

・めまい、立ちくらみがする
・筋肉のこむら返りがある
・汗が止まらない
・頭痛、吐き気、ふらつき感がある

以上のような症状が出たらすぐに熱中症として処置をしていきましょう!

 

軽度の熱中症の対応

1 涼しいところへ移動する
2 水分と塩分を飲ませる(嘔吐に注意)
3 着衣を薄着にする
4 下肢を高くする
5 症状が改善したら休養をとり経過を見る
6 水分と塩分、食事をしっかりとる
7 体重が2%以上減少したままなら病院を受診する
8 筋肉のけいれん、めまいが持続したら病院を受診する。

以上になります。

軽度の症状が出たら我慢せずにすぐに休ませることが何よりも大切です。

水分・塩分補給について

水分補給はとても大切で運動後の体温上昇に差が出ます。

のどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給をすることが大切です。

さらに、塩分を含まない水だけを補給すると体液の浸透圧が低下し、のどの渇きを感じなくなり、気づかないうちに水分・塩分の不足が進行するので要注意です。

水分とともに塩分もしっかり補給しましょう!

 

以上が軽度の熱中症の対策になります。

自分での対応がうまくいかないときは早めに医療機関を受診することも大切です。

これから暑い日が続くので、体調管理には十分注意していきましょう!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.