かかとの痛み 〜豪雨の中の新規の来院〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

かかとの痛み 〜豪雨の中の新規の来院〜

2018/07/06 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

雨は続くと天気予報で聞いていてもさすがに今日はマシになるんじゃないかと期待していました養畑です。
甘かったです、全く雨の勢いがおさまっていません。予報では昨日より雨はキツくなるそうなので厳重な注意が必要ですね。

 

さて雨がキツく遠くからの方や足の悪い方などのキャンセルが続く中新規の方のお問い合わせがありました。

「ブログを拝見していたらうちの主人と同じ症状のことが載っていたので一度みてもらえますか?」

と当院に通院されたことのある方からお電話頂きました。さっそくご予約いただき、当日の空き時間にご来院いただきました。

 

症状の経緯をお聞きすると、
2~3ヶ月前からかかとの部分に痛みがでてきたとのこと。
お仕事で立つ時間が長いこと、安全靴を履くので足の負担もかかりやすいことなどが原因として考えられるとのことでした。

問診からお身体の評価をおこなっていきました。

痛みは左のかかと部分で、足底腱膜と呼ばれる足裏にある膜のつけ根にありました。

図の丸印で示した部分です。

立ち時間が長かったり、ダッシュなどの衝撃が加わりやすかったり、合わない靴を履いていたりすることが原因で痛みが発生しやすい部分です。

今回の方も、立ち時間が長く安全靴を履いていることがかかとの痛みに関係していると考えられました。

患部周囲の特徴として、
・患側の左足首の硬さがあり、外側のアーチが低下
・左太もも裏からふくらはぎ、足裏までの筋肉の緊張
・右足指の動きの低下、膝のねじれ
・両股関節前面の筋肉の硬さ
などがありました。

患部にどの程度負担がかかっているのか、歩き方をみました。

 

実際歩いてもらい評価しました

痛みのある左側に重心を乗せる際に体幹の揺れが目立ちます。
両足をベタベタついてつま先の蹴り出しが弱く、左の方が足首の宇垣が少ないです。
右に荷重する際に膝が急激に伸びることも特徴的です。

 

動きをみると痛みのある部分だけでなく、かばっている箇所の特徴も発見できます。
今回も患側のかかとのみでなく、右側の足指や膝のねじれが動きに影響していることが確認できました。

 

・患部やその周囲のゆがみを整え、可動域を引き出す手技
・炎症や深部の緊張をおさえるためにNEUBOX、鍼施術
・患部周囲のストレッチ指導

以上をおこない初回の施術を終えました。

 

これからお仕事で痛みが出ない身体づくりのサポートをしていきます!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.