世阿弥のことば「離見の見」に学ぶセルフケアのヒント - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

世阿弥のことば「離見の見」に学ぶセルフケアのヒント

2018/06/16 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

ジャパネットたかたの創業者 高田明さんの普段の声は低いことに今さら驚いています養畑です。
テレビショッピングの中で甲高い声で商品の魅力を独特の話術で伝えているイメージの高田さん。

先日NHK放送の先人たちの底力「知恵泉」という番組に出演されていたのですが、とても穏やかに低い声でお話しされていたのがイメージとギャップがあり印象的でした。

みんなが聞きたくなるようなスピーチの秘訣として、高田さんが日本の能を大成した世阿弥のことばを引用されていました。

それが、

「離見の見」

自分の姿を前後左右からよくよく見なければならないと言う意味です。
能でいえば客席で見ている観客の目で自分を見なさい、と言うことになります。

自分の姿を自分でみることはできません。自分はできていると思い込んでいるだけで実はできていないことってたくさんありますよね。
自分を外から、客観的に外から見る努力が必要だと世阿弥は伝えています。

高田さんのあの甲高い声も出そうとして出しているのではなく、テレビを見ているお客さんに興味を持ってもらえるように伝えようとしていたら自然とあの声になっていたそうです。

 

自分を客観的に外から見る

これは痛みなどの症状を改善したいと思っている方々にとっても大切なことです。

当院ではお身体の評価をして説明をする際に、iPadで撮った姿勢をお見せします。

自分のイメージとのギャップに驚かれる方も多くおられます。

「こんなにも背中が曲がっていたんだ」
「頭が前にいっていますね!」
「ええ、こんな変な立ち方になっていたんですか!」

などなど。

自分の体について分かっていたつもりでも実は知らなかったんだと改めて気づく瞬間です。

まずは外から自分の姿を見てそこからの課題を患者さん自身にも考えてもらえたらと考えています。

痛みを取り除くことはもちろん大切ですが、
より大切なことは

痛みがまた出ないように自分の体をコントロールする感覚をみがく

ということです。

 

例えば、以前投稿した深呼吸1つとっても


肩がすくんだり

 


背中・腰がそったり

の動きが無意識に入っていると首肩や腰の張り感がなかなかとれません。

自分自身の深呼吸している姿を鏡で見ることにより気づきが得られます。
また毎朝深呼吸をして自分の体に目を向ける習慣などがあれば、

「今日は肩に力が入りやすくなって呼吸がしにくいな、肩のストレッチが必要かな?」

と自分の体の変化にも敏感に気づくことができます。

自分の体を思うようにコントロールするにはまずは

自分の体の変化に気づく感覚をみがきましょう!

毎朝深呼吸をする
寝る前にストレッチをする
目をつむって片脚でバランスをとってみる
裸足で歩く

などなど自分の体に気づきをえるヒントは日常にたくさんあります。

自分の体の変化に敏感に気づけば、

「今はまだ痛みはあるけど、以前より動きやすくなっているからもう少しでよくなる」

など気持ちも前向きになれます。

ぜひみなさんもテレビやスマホ、PCをそっと置いて自分の体を見つめ直す時間を作ってみてください。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.