腰から足にかけてのしびれと痛み - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

腰から足にかけてのしびれと痛み

2018/06/08 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

茎わかめの佃煮を食べました養畑です。
先日実家で生の茎わかめをもらったものを妻が調理してくれました。
美味しくてつい食べ過ぎてしまいました。
旬のものはやはり美味しいですね。

 

さて、先日は新規の方の来院がありました。

ご紹介からの来院でした。

腰から足にかけのしびれと痛みがあるのでみてもらいたいとのことでご予約頂きました。

 

症状、経過

長年腰痛に悩まされていて、学生時代にバレーボールをされているときから腰の痛みはあったとのこと。

介護のお仕事を5年ほど前より始めてより痛みがキツくなり両脚にしびれも出るようになる。

病院でヘルニアの診断を受け保存的に経過をみていたものの、よりキツくなってきたので手術を1年ほど前に受ける。

キツい症状は引いたものの、両脚のしびれと痛み、むこうずねの張り感もキツく出てきたので当院に相談に来られました。

 

所見

殿部、太もも裏、すねの筋肉の緊張
足首の硬さあり
筋力低下や反射低下などの神経学的所見は陰性
前後屈で股関節の動きがほぼなく制限がきつい

以上のような所見が得られ姿勢をみていきました。

 

横からみた姿勢

お腹を突き出すように立っていて体幹の安定性に欠ける印象

バランスと保つために頭を前に位置させ背中が丸くなる

 

正面からみた姿勢

足首の硬さと外側のアーチが低くなっている影響で、両膝の間に空間ができてO脚傾向

 

以上のような特徴がありました。

 

施術方針

介護のお仕事で腰に負担がかかり徐々に体幹の安定性がなくなってきたことが考えられる
→体幹の安定性を獲得するために深部の筋力をつける

むこうずねに張り感がでてきたのは足首の硬さから膝のねじれが発生しており外荷重傾向にあることが考えられる
→足首の硬さ、膝のねじれをとり外荷重のクセを修正する

不安定な立ち姿勢から殿部の緊張が強くなりしびれにも影響していると考えられる
→深部の緊張を鍼施術でおさえしびれの症状改善に努める

 

以上のような方針を立てて初回の施術に当たりました。

歩く際にも痛みがキツくお仕事にも支障が出ているので、今後も仕事を続けていけるようサポートをしてまいります。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.