子どもの体力低下予防を!  - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

子どもの体力低下予防を! 

2018/06/05 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

口呼吸を改善するために寝るときは口にテープを貼っています養畑です。
呼吸に関する書籍を読んでいると、「口呼吸は百害あって一利無し」と書かれていたので危機感を覚えました。
要約すると口呼吸になると口臭・虫歯の原因になったり、免疫力・睡眠の質の低下、姿勢不良など様々な悪影響が出るとのことです。
無意識におこなっている呼吸こそ見直すべきですね。

 

さて、今回は近年問題視されている子どもの体力低下の問題について投稿します。

文部科学省の報告によると昭和60年を境に子どもの体力は低下傾向にあるとのことです。
朝礼でずっと立てない、スキップができない、靴ひもが結べないなど以前では考えられなかったことも起ってきています。

大きな要因としてこどもの取り巻く環境の変化が取り上げられています。

分かりやすく「3つの間の欠如」が挙げられています。

 

3つの間の欠如

1 時間

・テレビゲームの普及で外で遊ぶ時間が減る
・塾通いなどで遊ぶ時間が減る

 

2 空間

・都市化や自動車の普及により遊ぶ場所が減る
・都市公園や公共のスポーツ施設は増加しているものの空き地など手軽に遊べる場所が減っていることが問題

 

3 仲間

・少子化が進み、兄弟姉妹の数が減って一緒に一緒に遊ぶ仲間が減る
・塾など学校外での学習活動で忙しい子どもが増え、外遊びする友達と時間が合わない

 

以上が近年の子どもたちに取り巻く環境の現状です。

 

当院でも親御さんよりお子様の姿勢や動き、痛みなどの相談を受けることがあります。

姿勢や動きの評価をしてみると違和感を感じるような特徴があることもしばしばあります。

まずは走る、四つ這いで移動してもらった動きをシェアします。

 

子どもたちの走る、四つ這い移動の動画

始め2人は走る動作
3人目は四つ這い移動

を実際におこなってもらった動画です。

何となくフラつきがあって、身体がうまく扱えていない印象です。

 

次にスクワット姿勢をとってもらった画像を示します。

 

子どものスクワット姿勢



1人目はバンザイをした状態でスクワットをしてもらっています。
肩の柔軟性が低く耳の真横まで腕があがっていません。
股関節がうまく使えず足首と膝だけでしゃがみ込んでいます。

2人目は体幹の支持性が弱く背中が丸くなっています。

 

当院でみる子ども全員がこのようになっているわけではありませんが、もっとうまく身体を扱えるようになると動きや姿勢も改善されるだろう、という印象です。

将来を背負う世代の子どもたちが健康に丈夫に育っていくには、体力低下の問題は軽視できません。

 

様々な環境が影響していますが、当院で上記でみられるような子どもたちの身体の機能を改善するには3つのポイントをみていきます。

1 足裏・足指の機能を高める

2 正しく呼吸をおこなえるようにする

3 体幹をうまくコントロールできるようにする

以上になります。

 

詳しくはまた次回以降解説します。

どれもとても重要になります。

実は冒頭の口呼吸改善も私自身の身体の機能改善のために取り組んでいることの1つです。

呼吸1つで身体の操作性が変わっていくことを自らの身体で体感していきたいと思っています。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.