太ももの痛みを訴えていた小学生の歩行変化 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

太ももの痛みを訴えていた小学生の歩行変化

2018/06/03 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

妻がみているNHK朝ドラ「カ−ネーション」の再放送がおもしろそうで始めからみてみたいと思っています養畑です。
朝ドラは「べっぴんさん」は1話から最終話までみたことがありますが、15分で手軽にみられるところがいいですね。
長男とのチャンネル権争いが一番の壁です(笑)

 

さて、先日運動会をひかえた小学生の投稿をしました。

足指が使えていないことが走ったり歩いたりの動作のバランスにも影響していました。

歩く動作では痛みの訴えている左側の蹴り出しが弱い印象でした。

患部周囲の施術と7〜8分の体操でどこまで変化するのかを比較動画で確認してみます。

 

足指体操をする前と後の歩き方の変化

向かって左側が施術前、右側が施術後になります。

施術前は左脚の蹴り出しがやや引きずっているような感じになっています。
特に戻ってくるときの蹴り出しが分かりやすいので静止画で示します。

 

施術前後の蹴り出しの違い


向かって左側の蹴り出しは足指の力が弱くつま先・膝が外側に向いています。

向かって右側は足指の力が入りつま先・膝が正面に向くようになっています。

少しの違いですが、走ったり跳んだりの動きになるとバランスに大きな差が生まれてきます。

なんとなく痛くなってきたなどの症状には本人やご家族の方も自覚しにくい箇所の問題も隠れていることがあります。

 

今回おこなったことは、

・足首や足先の動きを出す手技
・太もも外側の硬さをとる手技とストレッチ
・足指の力を出すために、タオルギャザー・足指歩き・ぞうきんがけ体操など数種類

以上をおこなった後に動作を確認しました。

直後でも少しの変化が出るので継続していくことで効果も高くなることが予想されます。

走る動作に関しては残念ながら直後ではそれほど変化は出ませんでした。

歩く・走るでは体幹の安定性や股関節の筋力など課題も違ってくるので、走る動作に合わせた種目選定がこれからの課題になってきます。

運動神経が悪いのでは?とお悩みのことも実はどこかの関節がうまく使えていないだけのことも多くあります。

姿勢や走る動作など本人やご家族で分からない問題点に関してのご相談は当院までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.