走るときに太ももの外側が痛む 〜運動会をひかえた小学生〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

走るときに太ももの外側が痛む 〜運動会をひかえた小学生〜

2018/06/02 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

米津玄師を知りませんでした養畑です。
先日米津玄師のライブTシャツを着ていた患者さんから教えてもらいました。
ウィキペディアで調べるとASIAN KUNG-FU GENERATION、BUNP OF CHICKEN、RADWIMPSに音楽の影響を受けたとあって私にはとても聴きやすい印象でした。
ここ最近のアーティストも知っておきたいですね!

 

さて、先日は運動会を次の日にひかえた小学生の施術に当たっていました。

親御さんより
「走るときに太ももが痛いと言うのでみてもらえますか?」
とご相談を受けみさせていただくことになりました。

症状、経過

5日ほど前より走る時に太ももに痛みを訴えるようになる
痛みは太もも裏の外側にあり
来院時は痛みの程度は低め

ということで患部周囲の検査をおこないました。

 

所見

・左太もも外側(ハムストリングス、外側広筋)の筋肉の緊張
・左足首の硬さと外側のアーチの低下
・骨折などの所見は無し

以上のような特徴的にみられました。

筋肉に痛みが出ていると考えられたものの、実際の動作をみてより詳細に原因をみていきました。

走る際に蹴り出しに左右差がみられたので比較画像で示します。

 

走る際の左右の蹴り出し


左右ともにつま先が外側に向き足指の蹴り出しが少ない印象です。

左の画像の方が膝も外側へ向きガニ股になっています。
体幹もブレがありやや傾いています

このような形になる原因は、

・足指が使えてない
・足首の硬さ
・股関節の筋力不足

などが考えられます。

単純に太ももの硬さをとるだけでは痛みの根本的な改善にはなりません。

今回は足指の機能を高める指導をメインにおこないました。

これからケガの少ない身体づくりのサポートをしてまいります。

 

走っている動画はまたの機会に挙げます。

ここ最近相談を受ける小学生の走り方の特徴があるので、原因や解決策を投稿していきたいと思います。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.