膝、足首の痛み 〜バレエの舞台に向けて〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

膝、足首の痛み 〜バレエの舞台に向けて〜

2018/05/30 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

ルービックキューブは苦手な養畑です。
妻のお兄さんから待合いに置いてみたら?といただいたルービックキューブ。
私はほとんど触っていないのですが、来院される方には意外に好評です。想像以上に様々な世代の方々に使ってもらえています。中年の方や子どもたちまで触りだすとみんな夢中になっています。
ちょっとした待ち時間に遊んでみてくださいね!

 

さて先日は新規の方の来院がありました。

「左膝と足首の痛みがあるのですがみてもらえますか?」

とお電話で問い合わせがありご予約いただきました。

 

症状、経過

痛みは左膝の前、左足首の外くるぶしあたり

4日前ジムでヤムナボールというブツブツのついたボール上に乗り、足の調整をする体操をした後から違和感がでてきたとのこと。

バレエをされている方で、レッスン中は痛みはないものの後から痛みがでてくるとのこと。

6月末には舞台も控えているので、コンディションを調整したいとの想いがありました。

右膝も1年ほど前に半月板損傷と病院で診断を受け保存療法でリハビリをしていた既往もありました。

かばっての影響か左脚のターンアウトをする際に足裏の張りがキツくでるとのことでした。

 

検査で得られた所見

患部の状態
・左ふともも外側、ふくらはぎ外側の筋肉の緊張
・靭帯損傷、骨折などの所見はなし
・左足首の硬さがあり、足裏の外側のアーチが低下している
・足の甲が外側に向いてつま先の上げ下げの軸がズレている
・膝下のねじれがあり
・股関節の硬さ、特に前面

姿勢、歩き方
・お腹をやや突き出した反り腰
・左足先での蹴り出しが弱くつま先が外側に向いている

以上の所見が得られ特に特徴的だった膝下のねじれを画像で示します。

 

膝下のねじれ


後ろから撮影したものですが、ふくらはぎの外側へのわん曲が左がきつくなっています。

膝下のスネの骨が外側にねじれているとこのようにみえます。

 

問題点、改善策

・左足首を以前に捻挫したことがあり、痛みは引いても足裏の感覚が戻っていないことが今回の痛みにも影響していることが考えられました。
・足指がうまく使えずやや小指側に荷重する傾向で、膝下のねじれもでていました。
・膝下のねじれがあると太もも外側や殿部の筋肉に緊張がでやすくなり滑らかな動きがやりにくくなります。
・筋膜の張りつきも部分部分みられ、セルフエクササイズでは動きをコントロールしにくくなっていました。

以上にのことをふまえ改善策として
・膝下のねじれを足首・股関節から改善する
・筋膜の張りつきをとる
・足裏の感覚を再獲得するためのセルフエクササイズをする
・回復を促すために鍼施術を組み合わせる

ということを施術計画に盛り込み患者さんと共有しました。

右膝の残存している違和感、体幹の弱さやバレエでのターンアウトをスムーズにおこなうなども今後みていく予定です。

舞台に向けてベストなコンディションで臨めるようしっかりサポートしてまいります!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.