足指が動かしにくいのは◯◯が張りついているから 〜対処法も紹介〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

足指が動かしにくいのは◯◯が張りついているから 〜対処法も紹介〜

2018/05/27 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

朝住吉川に足をつけてリラックスするのにはまっています養畑です。
水温も低くまだ川に浸かる人も少ないのでほぼ貸し切り状態です(笑)
足裏の感覚や呼吸の改善のための指導をおこなっている立場として自ら実践していき、活きた経験をお伝えしていきたいと思います!

 

さて、先日当院に通院されている患者さんより

「ニュースレターに載っていた足指じゃんけんをしようとすると足指が動かせないんです。何か対処法はないですか?」

と質問をいただきました。

足指じゃんけんは足裏の感覚をつけるためにおこなう体操の1つです。今回の方はグーの動きで母指を曲げるのがうまくいかないとのことでした。

 

グーの動き


この動きをする際に母指が曲げにくいとお悩みでした。

外反母趾や浮き指などで足指の力が弱くなっていることも原因の1つですが、もう1つ動きを邪魔しているものがあります。

それは…

「筋膜」!

なにそれ?聞いたことあるけど…といった感じの方もおられると思いますので簡単な図を示します。

 

筋膜のイメージ図


めちゃ単純な図にしました。

日常筋膜をみるとしたら鶏肉の皮をはぐときにみられる半透明の膜が筋膜です。

筋肉をボディースーツのように包んでいるものです。

通常筋膜は図の上のように筋肉の上を滑らかにすべる動きをしています。

ところが、同じ姿勢や繰り返しの動きによりこの筋膜が張りついてしまうことがあります。
それが図の下に示したものです。
汗をかいたTシャツを着ていると動きにくいように、筋膜も張りつくと動きにくくなります。

これが足指の動きにも影響していたのです!

筋膜が張りつきやすいエリアは…

 

足指の動きを制限している筋膜のエリア


オレンジの斜線で示したエリアの筋膜が張りついて親指の動きを制限していることが多いです。

このエリアの筋膜の張りつきと取って上げることが対処法になります。

 

………ん?

じゃあいったいどうすればいいの?

ということで足指の動きを取り戻すための対処法をお伝えします。

 

足指の動きを出すためのセルフケア



オレンジで示したあたりの皮膚を親指と人差し指でつまみ上げます。
つまんだ状態で足の親指を動かします。
皮膚の抵抗感がなくなったら別の箇所に移動します。

場所によって皮膚が動きやすいところと動かしにくいところがあります。

動かしにくいところが筋膜の張りつきが起っている所なので重点的にリリースしましょう!

ポイントは

つねる、のではなく、つまむ

ということです。つねると痛みを伴い動きも引き出せません。ここは要注意です。

分かりにくい方は当院にご相談下さいね!

 

まとめ

 

  • 足指が動かしにくいときは筋膜の張りつきが影響している
  • 足指の動きを制限しているエリアは足の甲のあたり
  • 筋膜の張りつきを取るポイントはつまみ上げること

 

 

以上になります。

 

ぜひ一度試してみてご意見頂けたらと思います。
これからもお役に立てる情報発信をしていきますのでよろしくお願いします。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.