ひざのお皿、まっすぐ動いていますか? - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

ひざのお皿、まっすぐ動いていますか?

2018/05/08 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

朝の適度な運動は脳の働きを活性化させ朝の活動に良い影響を与えると聞き、朝活動を再開し続けていこうと思っています養畑です。
以前はランニングを毎日最低1キロ走ることを続けていましたが、後半無理がたたって身体の疲労が抜けにくくなっていました。
今回はその反省を活かして楽しみながら無理なく続けていこうと思います。

 

さて、先日膝の痛みで来院している患者さんの施術に当たっていた時の一コマ

体重をかけて膝を曲げる際に膝の内側に痛みが走るのが気になるとのことで、評価の中で特徴的だったのが「お皿の動き」です。

お皿は太ももの前の筋肉につながっています。
まずは図をご覧下さい。

 

太もも前の筋肉とお皿の位置


太もも前の筋肉がお皿を介してスネの骨についています。

太もも前の筋肉が収縮して膝を伸ばしたり、体重を支えたりの働きを担います。

その際にお皿も上半身の方向へ微量に動きます。

微量な動きですがまっすぐ上に動いているのかどうかがカギになります。

実際にお皿がまっすぐ動いているかの確認方法を示します。

 

お皿の動きを確認する方法


・お皿が真上に向くようにして膝を伸ばします。

・親指と人差し指でお皿を挟みます。

・太もも前の筋肉に力を入れます。

・力を入れた時のお皿の動きを確認します。

 

お皿の動きの違い


通常まっすぐ動くものが、膝の違和感を訴えでお皿が外側にゆがんで動く方がおられます。

今回の患者さんも外側にゆがんで動く特徴がみられました。

外側にゆがんでお皿が動くと、内側の筋肉などは引っ張られるストレスがかかり痛みにもつながります。

外側にゆがませる大きな要因に太もも外側の筋肉の硬さがあります。

 

太もも外側の筋肉の牽引力


図のように太もも外側の筋肉はお皿を外側に引っ張る方向についています。

通常内外の筋肉のバランスが保たれているものが、扁平足や股関節の硬さ、膝のねじれなどにより太もも前の筋肉のアンバランスが発生します。

太もも外側の筋肉の緊張をとることはもちろん、足首や股関節の可動域も獲得していくことが痛み改善に必要なポイントになっていきます。

 

今までの動きのクセを改善していくことは根気のいることですが、根本的な改善には必要なことです。

当院の目指す改善は再発しない、痛みが発生する前よりもパフォーマンスが上げられる土台を仕上げての復帰です。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.