身体の土台「足裏」について2 〜重心移動〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

身体の土台「足裏」について2 〜重心移動〜

2018/04/27 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

「投げ出さないことが大切 投げ出しそうになるっていうことが障害」」という言葉に心動かされています養畑です。
リオパラリンピックの閉会式に出演された片脚義足のダンサー大前光市さんの言葉です。片脚では難しい連続バク転を「義足だからできない」と投げ出さず見事本番で4連続バク転を決める姿に感動しました!ダンスはやったことはありませんが大前光市さんに会ってみたくなりました。

 

さて前回の投稿からヒトの身体の土台「足裏」について解説しています。

前回は足裏の重要な3点とチェック方法についてお伝えしました。
まだご覧になっていない方はこちらのリンクをご覧下さい。

身体の土台「足裏」について

今回は足裏の3点をぴったり地面につけた状態からの重心移動について解説します。

歩いたり走ったりすると足裏の重心はかかと、つま先と移動します。
足裏がうまく使えていないと移動がスムーズにできずつまづく原因にもなります。

今の自分がどの部分にうまく体重が乗せられていて、どの部分が不安定なのか確認する方法をお伝えします。

スタート姿勢


つま先をまっすぐに向け一足分足を開いて立ちます。
足裏の拇指球、小指球、かかとの3点が地面にぴったりついていることを確認します。
足はそのままで頭、肩、骨盤が足の上にまっすぐ乗っているイメージで立ちます。

 

前後移動


上体をまっすぐ保ったまま重心をつま先→かかとに一定のリズムで移動させます。

移動する長さは短くてかまいません。

どちらに重心移動させやすいか?苦手な方向はないか?などを感じてみましょう。

 

前後移動注意点


足裏のみで重心移動させる意識がポイントです。

バランスを崩してお尻やお腹が突き出したり、足以外の部分が動かないようにコントロールしましょう。

前後の移動に慣れてきたら、さらに4カ所に分けて細かく移動していきます。

 

4点移動


図にあるように
右のつま先→右のかかと→左のつま先→左のかかと
の順番に移動します。

注意点は前後の移動と同じく上体をまっすぐに保ち足裏で移動させることです。

どの箇所が苦手なポイントか、普段の自分のクセなどが確認できます。

 

実際に4点移動の指導をおこなっている動画をご紹介します。

 

4点移動の指導動画


私もまだまだうまくはできていませんが繰り返しおこなうことにより動作も安定してきます。

ぜひ一度お試し下さい!

 

足裏の感覚をつける体操を今後もアップできればと考えていますのでお楽しみに。

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.