二度のぎっくり腰をされての来院 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

二度のぎっくり腰をされての来院

2018/04/20 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

 

神戸・大阪マラソンのエントリーを先日済ませました養畑です。
篠山マラソン以来なかなかコンスタントに走れずモチベーションも下がっていましたが、エントリーをきっかけにまた頑張っていきたいです!
といってもまだ当選した訳ではないですが(笑)

 

さて先日は新規の方の来院がありました。

ぎっくり腰を2度されて以降なかなか症状が改善しないとのことで職場の方からのご紹介でご相談に来られました。

2月末、4月始めにぎっくり腰になり、整形外科を受診しレントゲンを撮ってもらうと骨には異常はないとのこと。
痛み止めと、電気治療を受け、お仕事はコルセットをしてこなしていたそうです。なかなか改善しないので近隣の整骨院に通われていたものの今回は改善が思わしくないという状態でした。

腰以外に右肘、右膝も痛みがあるので一緒に評価することになりました。

 

痛みは腰の下から骨盤にかけてあり右側がきつい
腰と股関節前面の筋肉の緊張
前後屈で痛むが特に後屈がつらい

などの特徴がありそこから姿勢の評価に入りました。

 

横から


全体的にはお腹をせり出し弓なりになった印象

細かくます。

腰の反りがきつく、背骨のカーブもきつくなっています。
矢印で示した腰の部分に負担が掛かりやすく、頭は肩より前に位置し背中のカーブで補正しています。

このような姿勢になると腰にはもちろん、赤線で示したふくらはぎの筋肉の緊張も出やすくなります。

体幹を支える筋力不足と、股関節前面の筋緊張から腰の反りが出ている問題点が横から評価されました。

 

前から


写真では分かりにくいですが、左重心で骨盤がやや左側に偏っています。

右膝下のスネの骨のねじれがあり、つま先の向きもやや外側を向いています。

実際歩いてもらっても左足にどんと重心をのせて右側はうまく蹴り出せていない印象でした。

膝は足首や股関節の硬さから太もも前の筋肉やお皿の関節に負担がかかってきたものと考えられました。

 

肘も利き腕の右腕の筋緊張が強く、お仕事での姿勢や動作での負担が一番影響しているものと考えられました。

患部だけでなく、身体のバランスを整えること
セルフエクササイズで体幹の安定性を出すこと
深層の筋肉の緊張に対しては鍼施術を組み合わせていくこと

を施術方針に初回の施術を終えました。

お仕事をこれからも長く続けられるように、また趣味のテニスも再開できるようにサポートしてまいります!

 

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約優先制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.