陸上短距離選手のコンディショニング - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

陸上短距離選手のコンディショニング

2018/03/07 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

少しずつフルマラソン後のダメージが回復しつつある養畑です。
来院される患者さんに「マラソンどうでしたか?」と聞かれ、「無事完走できました」というやり取りができることも嬉しいですね。
走った直後はもう2度と走りたくないと思ったものの、リタイアせず最後まで走りきったことで皆さんによい報告ができ参加して良かったと思えるようになりました(^^)

さて、春の大会に向けてここ最近陸上部に所属する学生さんの来院が増えてきています。

大会が近づくにつれてジャンプやスピードトレーニングなど練習負荷が上がって体への負担も大きくなってきます。

パフォーマンスを上げるため日々限界に追い込んでいるアスリートはオーバートレーニングにもなりやすいです。

自身でのケアでは回復が間に合わないことも多いので、私たちがコンディショニングに携わらせていただく機会が増えてきます。
特に高いレベルで競技に臨んでいる選手ほどこまめにメンテナンスに来られることがこの時期多くなります。

私自身がフルマラソン後の疲労回復のために専門家に頼り早く改善していく必要性を再確認しましたので、私がすべき役割がより明確になりました。

ここ最近で訴えて来られる症状として、

太もも裏の筋肉(ハムストリングス)の痛み
スネの内側の痛み(シンスプリント)
膝周囲の痛み
足底の痛み
腰の痛み

などになります。

練習内容などにより症状も日々変化してきます。

大会日程なども考慮しながら大切にしていることは、
「なぜその箇所が痛くなったのか?」
ということです。

一症例として、

左膝の痛みを訴えている選手をみてたときのこと

膝裏外側に痛みがあり、その周囲の筋緊張がありました。
足首や股関節の硬さも影響していて施術を重ねていました。

施術後は症状軽減するものの、練習負荷が上がると痛みが出てくるといったことがありました。

何故だろうか?ということで再評価して軽いジョグ動作をしてもらうと、
反対側の右足のつま先が外側に向きしっかり母趾球で蹴り出せていないことが分かりました。
症状がない右足の調整もおこない、患部の施術をすることにより少しずつ改善が進んできている印象に変わりました。

これから大会に向けてただ痛みを取り除くだけでなく、原因から改善して再発しないコンディショニングを目指していくように心がけていきます!

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.