膝裏と外側の痛み 〜陸上短距離選手〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

膝裏と外側の痛み 〜陸上短距離選手〜

2018/01/13 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

嫁から手渡された「パパの子育てガイドブック」でお勉強中の養畑です。

保健師さんから配られたそうですが、とてもコンパクトにまとめられています。印象に残ったのは、「ママも子育て初心者で孤独や不安な気持ちになることもあり、そのストレスはパパの想像を超えることも。ママの育児の悩みをしっかり聴いてあげることが大切」という部分でした。
あとは東灘区のママたち316人に聞きました!Q.パパにしてほしいことはなんですか?ランキングです。
読んだだけで実践していない、と嫁に指摘されないよう頑張ります(笑)

さて、先日は新規の方の来院がありました。

大学陸上部に所属する学生さん

去年の9月中旬にに膝の外側と裏側に痛みが出現し、なかなか痛みが引かないとのこと。
何箇所か病院へ行き、最終的に「腸脛靭帯炎」との診断を受け患部のマッサージや殿部の筋肉の強化などをおこなってきたそうです。
走れるほどに痛みが引いてきていざ走るとまた痛むということの繰り返しで、治療院にも通っていた時期もあるそうです。
ただ2週に1回ほどでなかなかコンスタントに通院できていない状況でした。当院に通院している部員から紹介を受けご予約をいただきました。

問診からお身体の評価をすると、

・患側の膝裏の膝窩筋、太もも外側の大腿筋膜張筋と外側広筋に筋緊張

・患側の股関節前面の筋肉の硬さ、カカトが内側に傾斜しやや扁平足

・膝下のスネの骨が外側にねじれている

・歩行時に患側の足先での蹴り出しが甘くつま先が外側へ向いている

・ジョグでは反対側の蹴り出しでつま先が進行方向よりやや外向き

などの特徴がみられました。

膝裏の反応が特に強く、単純に膝だけでなく足部のアーチが崩れて膝下のねじれがでていることにより患部に負担がかかっていることが考えられました。
患部の緊張だけでなく体のクセを修正していく必要性をお伝えし施術に入りました。

患部やその周囲のアンバランスを整える手技
深部の筋肉の緊張に対し鍼施術
膝のねじれや足部のアーチ保持のためのセルフエクササイズの指導

をおこない初回の施術を終えました。

重要な大会はない時期なので今の間にしっかりコンディションを整えていけるようサポートしてまいります!

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.