マラソンの平均スピードを上げるために - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院のメール問い合わせはこちら

マラソンの平均スピードを上げるために

2018/01/09 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

マラソンバスの申込みを早くしなければと焦っています養畑です。
篠山までは遠いのですが、電車だと乗り継ぎが大変。ということでバスで往復送迎をしてくれるツアーがあります。確か大会1ヶ月前に締切とあったので今月中には申し込まないといけません。
篠山マラソンまで2ヶ月を切ったのでしっかりコンディショニングを上げていきます!

さて、今回は今月から取り組んでいるランニング計画についてシェアします。

先月は月間150キロを走破しました。
週末は20〜25キロをコンスタントに走り長い距離を走るのには慣れてきました。

しかし、長い距離を走れても向上しないものもあります。

「走るスピード」

です。

遅いスピードで長い距離を走るのに慣れてきても、それよりも速いスピードで走れるわけではありません。

なぜ、スピードが重要になってくるのか?というと、
ある程度記録を狙っていくとなると、遅いスピードでのランニング練習だけだと頭打ちになるからです。

では、私自身取り組んでいるトレーニングメニューとして

・ジャンプトレーニング
・坂道トレーニング
・インターバルトレーニング
・ラダーを使ったスピードトレーニング

になります。

まずジャンプトレーニングについて

長距離でも一歩一歩地面に対して蹴り出す瞬間は一瞬です。
その一瞬にしっかり力を立ち上げないと力強い蹴り出しができません。
その一瞬の間に力を発揮するように意識するのがジャンプトレーニングです。形は様々ですが一回一回全力で跳び上がることが大切です。

次に坂道トレーニング

重心を前に移動させるために大きな筋肉を使える方が有利です。
重要になってくるのが「股関節」になります。
お尻や鼠径部前面の筋肉を上手く使えることが重要なになります。
坂道を走ると股関節をより多く使う状況になり効率よく股関節周囲が鍛えられます。

次にインターバルトレーニング

全力ダッシュの後に軽いジョグを組み合わせて何セットかおこなうものです。
長い距離を全力で走ることは大変ですが、400メートルを全力で走って200メートルをジョグで走るとしたら何セットかはおこなえるはずです。
短い時間で身体に適度な負荷をかけられるのでかなり有効です。
デメリットはなかなか気合が必要なこと(笑)

最後にラダートレーニング

足を決まった方向にすばやく動かすことをハシゴのようなものを使っておこないます。
身体を動かすには脳→筋肉への情報伝達がすばやくおこなわれることが必要です。すばやく動かす習慣がないとこの回路が鈍っています。
すばやく動かす感覚を磨いていくのがラダーになります。

以上のメニューを月単位で疲労度合を見ながら組み合わせていきます。

目標としては楽に以前より速いスピードで走れるようになること
です!

私自身の身体で証明できるよう今月はサボらず取り組んでいきますね。

ランニングをされている方の参考に少しでもなればと思います。

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.