スクワットすると太もも前ばかりに力が入ってしまいます - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

スクワットすると太もも前ばかりに力が入ってしまいます

2017/12/13 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

最近次男が少しずつ目が見えるようになってきたのか、目で動く物を追うようになり嬉しい気持ちの養畑です。
今朝は耳ぎょうざの瞬間を激写(笑)

これは嫁の耳に似ているそうで左耳のみなるそうです。
これからどんどん個性が出てくる時期なので楽しみです(^^)

さて、先日は当院に通院されている患者さんより動作について相談を受けました。

高校で卓球部に所属しているのですが、トレーニングでスクワットをするときに太もも前面のお皿付近の筋肉ばかりに負荷がかかってお尻に効かないとの相談を受けました。

卓球で低く構える際の姿勢を作る目的でスクワットをトレーニングしているそうですが、なかなか思ったように負荷をかけられない様子でした。

以前から腰痛があり体幹の深部の筋肉の鍛え方を伝えてセルフエクササイズを続けてきたので腰の痛みは出にくくなってきたそうです。

腰の痛みが出にくくなってきて今回の膝周囲の違和感が自覚するようになってきたそうです。

実際に動作を評価すると、

膝を曲げて下降する最終ポイントで骨盤が後ろに倒れる動きが入っていました。

骨盤が後ろに倒れると重心が後ろに偏り、バランスを保つために太もも前の筋肉が過剰に働きます。

足首の硬さも骨盤が後ろに倒れる動きに影響していました。

以上の特徴から、

まず骨盤の前傾を保ったまま、腰の反りが入らないところまでしゃがんでもらいました、すると、

「太もも前の負荷が減りました」

とのこと。

しゃがむ深さは小さくなるものの、適切な負荷をかけるには今のやり方でおこなうほうが良いとアドバイスしました。

より深くしゃがむには足首の可動域も出していくようにしていくことが必要とお伝えしました。

これから正しい姿勢を頭にインプットできるようフィードバックを繰り返していきます!

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただいています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.