水泳の大会を控え、課題は胸郭 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

水泳の大会を控え、課題は胸郭

2017/08/29 カテゴリー:ブログ

鳥もも肉の塩焼きにハマっています養畑です。
照り焼き、マヨポンと色々食べても飽きが1番こないのは塩焼きです。
塩焼きの際嫁の親戚から沖縄土産でもらった「香味広がるスパイス塩」
を使うとかなり美味しくなります。
かなり使ってもう無くなりそうなのが残念です(>_<) ネット注文するか沖縄ショップで探すかまようところです。

さて、先日は水泳の大会を終えた高校生の患者さんの施術に当たっていました。

8月11日の大会後に首に激痛が走り、なかなか痛みが改善しないので当院に顧問の先生より紹介で来られました。

初診が8月18日、8月27日と9月2日に大会を控え特に9月の大会が近畿大会にもつながる重要な大会とのこと。

問診から評価を進めると、

・頭を後ろに倒す、首を左右に回す動きに痛みがあり、可動域制限も強め

・左頚部〜肩にかけての筋肉の緊張が強く痛みに関係している

・胸郭(肋骨)の動きの制限がキツく猫背姿勢

・痛みは左側に強く出ているが、肩甲骨周りの動きは右側の方が制限が強い

などの特徴がありました。

早く痛みを軽減させる為に鍼施術も手技と合わせておこなうも刺激に対してかなり敏感になっていたので、刺激量の少ない手技のみで施術をしていくことになりました。

施術後は可動域が出るものの、朝になると痛みが強く出てなかなか思うような改善に至らない状況でした。

そんな中でもなんとか8月23日には水泳の練習に復帰できるようになり、27日の大会に出場はなんとかできるところまではいきました。
ただ痛みや首の動きの制限は残っていたので100%の力は出し切れない印象でした。

そして先日施術に当たっていたのですが、
やはり自己ベストには至らずかなり悔しそうな表情でした。

私自身も本人の思うような快復を促せず残念でしたが、
初診時の状態を思えば、大会に出られるまでになったことは良かったことだとお話ししました。

次は9月に大会を控えているので、今回の大会より良いコンディションで臨めるようにサポートしていきます!

そこで課題になってくるのが、

「胸郭(肋骨)」の動きになります。

患部の首や肩甲骨周囲の動きをつけても、胸郭の動きが悪いと全体の動きがなかなか出てきません。

実際本人に深呼吸をおこなってもらうと、
下位肋骨の左右に広がる動きがほとんどない状態でした。
さらに肋骨下縁の皮膚の癒着がキツくつまみにくい状態

当院での施術に加えて、
皮膚の癒着をリリースするセルフケア
胸郭の動きを引き出すストレッチパールを使ってのセルフエクササイズ
を指導し、コンディションを上げていく方針でいくことになりました。

クロールの際に右腕が挙がりにくいのも胸郭が影響しているので、大会まで期間は短いですが諦めずコンディショニングを続けていきます。

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先当院は予約制となっています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.