歩くと脚の付け根(股関節)が痛むのですがみてもらえますか? - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

歩くと脚の付け根(股関節)が痛むのですがみてもらえますか?

2017/04/25 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

花粉症・副鼻腔炎で嗅覚がほぼゼロの状態から回復しました養畑です。
鼻が効かないと本当に困ることが多いです(>_<) 口呼吸になり感染しやすくなる 食べ物の味が分かりにくくなり噛む回数も減る 朝起きると頭が重い など数え上げるときりがありません。改めて健康であることのありがたみを感じます。 さて、先日新規の患者さんの来院がありました。 当院の近隣に住んでおられる方で、以前から前を通ることが多くて気になっていたそうです。 「歩くと脚の付け根が痛むのでみてもらえますか?」 とのことで直接お問合せに来られました。

問合せに来られたときの歩き方で上体の揺れが目立っていたのでなんとなく脚のどのあたりかが問題があると考えられました。

夜勤の介護のお仕事を週2回されているそうで、
年齢も重ねて身体の負担も多くなったので辞めることを事業所に伝えたこともあるそうですが、人手も足りないので少ない時間でも残ってほしいと頼まれて残ったそうです。

病院で股関節のレントゲンを撮ってもらうと、
関節の軟骨がすり減っている状態です。セルフケアでテニスボールを使ったリリースをして、症状が改善しない時は手術になります、と言われたそうです。

本人は手術は避けたいとのことで当院に来られた経緯が分かりました。

問診を終えて、

・立位の姿勢
・歩行
・患部周囲の評価

をおこないました。

主な所見として、

・股関節の可動域が反対側に比べて狭い(特にひねる、膝を抱え込む動き)
・反対側の膝のO脚と足首の可動域制限がある
・反対側に偏った立ち方
・患側に荷重がかかるときに体幹の揺れが目立ち、反対側の荷重時は膝の外側への流れが目立つような歩き方

などがありました。

股関節に問題があると体幹部のブレが目立つようになりますり

今回の場合も片脚立ちをしてもらうと患側はこのような立ち方になっていました。

股関節の問題に加えて、反対側の膝・足首の歪みも整えていくことの必要性をお伝えし施術計画の提案をしました。

週2回のお仕事をこなしながらも身体の改善を図っていくようサポートしていきます!

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先当院は予約制となっています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.