走るときにハムストリングスの付け根が張ります - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

走るときにハムストリングスの付け根が張ります

2017/03/31 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

一昨日私が作った鶏だんご鍋を息子が食べてくれなかったのは、実は風邪を引いていたからということを知りました養畑です。
ちゃんと食べなあかんで、と怒ってしまったことを深く反省しております(~_~;)

さて、先日再診で陸上の短距離をされている大学生の患者さんの来院がありました。

「最近練習の負荷が上がってハムストリングスの付け根が張り感がきつくなってきました」

とのこと。

身体に対する意識が高いので、違和感が出るとすぐに当院に来られるので症状がひどくなる前に対応がいつもできています。

ハムストリングスとは太ももの裏の筋肉のことで、
膝を曲げたり、走る際の蹴り出しでも使われる筋肉です。

身体の評価をしていくと、

・ハムストリングスの起始部(坐骨付近)の筋緊張が特に左側に強く

・太ももの前の大腿四頭筋、鼠径部付近の腸腰筋の硬さもあり骨盤の前傾がややきつめ

が主な所見としてありました。

ハムストリングスの違和感でも必ず前面にある筋肉のバランスをみます。

ハムストリングス、大腿四頭筋の絵を示します。

ハムストリングス 大腿四頭筋 神戸 東灘 整骨院

表裏で対になっているのがイメージできると思います。

両方の筋肉が骨盤について、骨盤の傾きも調整しています。

ハムストリングス 大腿四頭筋 バランス

今回の患者さんの場合は、

右側の図のように

・赤線の大腿四頭筋が骨盤を前に傾け、青線のハムストリングスが伸ばされた状態

になっていました。

この状態で単純に緊張の強い太もも裏側のハムストリングスだけ治療しても、
太もも前面の大腿四頭筋がハムストリングスを引っ張るストレスは残った状態になります。

そうするとなかなかハムストリングスの緊張は取れないことがイメージできると思います。

本人にも、ハムストリングスだけでなく大腿四頭筋のストレッチも必ずおこなうようお伝えしました。

ハムストリングスの深い部分の緊張に対しては、

鍼に電気を流す施術で早期改善を促すことをメインにおこないました。

施術後は自覚的にもかなり動かしやすくなったので初回はこれで経過をみていくことにしました。

最近陸上をされている患者さんの来院が増えています。

暖かくなってきて練習の負荷が上がってくる時期でもあります。
動きやすくはあるものの、疲労をためないよう運動後のストレッチなどのリカバリーもしっかり意識しておこなっていきましょう!

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートをおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先当院は予約制となっています。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.