手首から肩に影響した症例 〜テニスのフォアハンド〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

手首から肩に影響した症例 〜テニスのフォアハンド〜

2017/01/19 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

今朝は久しぶりに住吉川を走ってきましたが中6日空いてしまいバテバテの養畑です。

先日午前診の終わり際に電話が鳴り、

「テニスをしていたら背中が痛くなり肩があげられなくなりました」

との連絡があり急遽来院してもらうことになりました。

いつも当院に来院されている患者さんでテニスをされている方なのですが、
レッスンでコーチにファアハンドのフォームを修正して練習していたら痛みが出てきたとのこと

主に修正した箇所は手首の動きで、手の甲を少し引き上げる動きをしてテイクバックをしフォアを打つことをしていたら練習後半で背中(肩甲骨の内側あたり)の痛みがキツくなったとのことでした。

お身体を見ていくと、

手首を引き上げる背屈という動きに硬さがあり
仕事で手をよく使う影響で前腕部の筋緊張が強く手首の動きの制限に影響していました。

腕を挙げる際に肩の高さあたりまでくると、上腕部に痛みが走り力が入りにくくなるとのこと

痛みを感じていた背中は、肩甲骨の内側の菱形筋という筋肉の硬さがありました。

腕を挙げる際に力が入りにくくなるのは、胸郭出口と呼ばれる神経、血管の通り道での圧迫症状と考えられました。

胸郭出口症候群 神戸 東灘 整体

図の赤丸印の部分が圧迫されやすい箇所で、押さえると腕にもしびれや痛みが上腕部に出ていました。

この部分に問題はあるのですが、
今回は手首の動きを修正した際に首周囲や背中にまで痛みが出ていました。

その影響として考えられるのは筋膜のライン

筋膜 アームライン 神戸 東灘 整体

図にあるように手から肩の付け根まで繋いでいる筋膜のラインが存在しています。
手首から前腕の緊張が筋膜を介して首や肩周囲に影響していたと考えられました。

症状が出ている箇所と筋膜のラインの調整をすると、
腕の挙上はかなりスムーズにできるようになりました。

ちょっとした動きの違いで身体の影響も出るので、フォーム修正の際は十分注意しておこなっていきましょう。

意識しても思った通りの動きができない場合は、身体の中で自覚していない箇所の問題点が潜んでいる可能性もあります。

その際は当院にご相談ください。

当院はあなたの「やりたい」ことを「できる」という自信に変えるサポートを諦めずおこないます。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただきます。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

当院では明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療を勧めています。
自費治療では腰痛、肩こり、コンディショニングなど健康保険では取り扱えない慢性的な症状などにも幅広く対応しています。
全体のバランスを整え、鍼灸やNEUBOXを加えたオーダーメイドの施術をおこなってまいります。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.