根気強く、諦めず 〜脊柱管狭窄症〜 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

根気強く、諦めず 〜脊柱管狭窄症〜

2017/01/13 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

夏より冬の方が好き、といいつつ最近の寒さはキツイなぁと感じています養畑です。

年末年始で生活のリズムが崩れ身体に不調が出て来院される方が増えています。
皆さんも体調管理には十分お気をつけください。

さて、当院に脊柱管狭窄症と病院で診断を受け、ブロック注射などしていたがなかなか改善しないということで来院されている方がおられます。

左足先のしびれと痛みがキツく、
自宅から10分前後歩くと足の痛み・しびれが出てきて休まないと歩けない
と脊柱管狭窄症の特有の症状の1つである間欠生跛行という症状で悩まされていました。

病院では背骨の真ん中の脊髄が通る空間(脊柱管)が狭くなっていて、足先にいく神経が圧迫されているので足のしびれが出ていると説明をされることが多いです。
ひどい時はその空間を広げるようにする手術をすすめられることもあります。

整形外科勤務時代に脊柱管狭窄症で手術を受けられた方を何人もみてきましたが、
しびれが完全になくなったという方は少ない印象です。

どうしても分かりやすい画像上での問題点に注目しがちですが、
身体全体を観察していると狭窄がある部位に負担のかかりやすい特徴があることがほとんどです。

当院に来られていた方も、

・体幹の支持力が低く、骨盤が後方に倒れ腰骨のカーブがなくなった姿勢
・昔右足を仕事で大けがをされていて痛みはないものの今も可動域の制限やゆがみが強く残っている
・右足の代償で左下肢外側全体の筋緊張が見られアンバランスな歩き方になっている

などの特徴がありました。

局所の問題と、身体全体のバランスを整えて腰に負担のかからないコンディショニングをしていきましょう、そのためには根気強さも必要です。

とお伝えして4ヶ月ほどたったとき、

「足のしびれが以前ほど出なくなりました」

とのお言葉をいただきました。

今現在は足の痛み・しびれは消失し、腰の違和感が残っているのでそこをメインに施術をおこなっています。

一症例に過ぎません、皆がこのように順調に回復するとは限りませんが、診断名でもうダメだとの諦めずなぜその場所に負担がかかってきたのか?
ということ、自分自身の身体に目を向けて問題点を考えていくことが重要だと思います。

当院では、長年の症状でも諦めず解決の糸口を共に探していきます。

本日も来院される方が、より良くなっていただくために努めてまいります!

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただきます。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

当院では明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療を勧めています。
自費治療では腰痛、肩こり、コンディショニングなど健康保険では取り扱えない慢性的な症状などにも幅広く対応しています。
全体のバランスを整え、鍼灸やNEUBOXを加えたオーダーメイドの施術をおこなってまいります。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.