ランニングに新たな試み - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

ランニングに新たな試み

2016/12/03 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

朝布団からなかなか出られない養畑です。
気持ちを振り絞って本日ランニングに出かけました。

日々のランニングにも意味を持たせるために少し同じコースでも変化を加えていく試みをしました。

人には順応性があります。

走り始めは5キロでも長い距離だなぁ、と思っていても慣れてくるとそれほど長く感じなくなります。

トレーニングでも同じ負荷でずっとおこなっていると、
始めは体力向上が実感できてもある時点で頭打ちになります。

トレーニングに順応して頭打ちにならないようにすることが本日のランニングの目的

試してみたことは、

「目をつむって走る」

です。

ずっと目をつむったままはさすがに危ないので、
前方を確認してある一定の距離を目をつむって走るということを試してみました。

なぜそのようなことをするのか?

といいますと、

人は姿勢をコントロールするときに主に3つの感覚を統合しています。

・視覚
・前庭感覚(耳の中にある三半規管もそのうちの1つ)
・体性感覚(関節位置覚など深部感覚と呼ばれるもの)

そのうち普段は視覚にたよっている部分が大きいのです。

試しに片脚バランスを目を閉じておこなうと目を開けておこなうより身体のブレなどに意識がいきやすくなります。

バランスよく走れていると思っていても、
目を閉じて走ってみると片方に寄るような走り方になっていたり、上下動が大きかったり、身体本来のバランスに意識が向きやすくなります。

あくまで理論的な話なので自分の身体で試してみようと思いました。
危ないので人や車の多いところではやらないでくださいね。

日の出時間も遅くなり綺麗な朝日が撮れました(^^)

ランニング障害 神戸 東灘 整体

img_5516

本日も元気にスタートします!

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.