走ると膝の外側が痛みます - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

走ると膝の外側が痛みます

2016/11/19 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

そろそろ髪の毛を切りたいと思っています養畑です。

先日新規の方の来院がありました。

「左膝が痛いので診てもらえませんか?」

とのことでした。

問診でお話を伺うと
シティーマラソンで走った際に膝の痛みがひどくなったとのこと

最近何かの縁かランニングをされている方の来院が続いています。

半年くらい前よりランニングを始められ、
痛みなく順調にきていたのがここ最近走ると膝の外側に違和感が出るようになってきたとのこと

シティーマラソンでは途中で痛みが出たもののペースアップすると痛みが軽減し、ゴールはできたがその後歩くのもままならないくらいに痛くなったそうです。

所見としては

・膝の外側の腸脛靭帯と呼ばれる部分の圧痛

・患側の足の外側のアーチ部分の低下

・太もも〜スネの外側の筋肉の緊張

・歩行では荷重がかかる瞬間に急激に膝が伸びてくるような歩き方

・膝を深く曲げると抵抗感があり、膝の外側に痛みも出る

・反対側の荷重の方がバランスが悪く患側の方に偏った立ち方

などの特徴がありました。

膝の外側が走ると痛みが出てくるという症状はランニングをされている方によく起こりやすいもので

「ランナー膝」

と呼ばれています。

ランナー膝 腸脛靭帯炎 神戸 東灘 膝痛

ランナー膝 腸脛靭帯炎 神戸 東灘 整体

図で示したように
太もも外側にある腸脛靭帯というものが膝の外側についてくる部分で炎症が起こり痛みが発生するものです。

この腸脛靭帯が膝が外側に流れないようなストッパーの役割をしているのですが、
O脚やガニ股などのクセがあるとこの部分に負担がかかりやすくなるといわれています。

ただこの場合膝だけに問題があることは稀です。

今回の方でも、
足の問題が膝に影響していました。

足の外側のアーチが低下すると、荷重したときに外側に流れやすくなります。

足で軸が取れない分を膝でかばうようになり痛みが発生してきます。

膝の外側の筋肉を酷使していると、
膝のねじれも出てきてきます。
そうなるの余計に外側の筋肉に負荷がかかりやすくなります。

加速した際は推進力が前方に働いているので、左右のブレが減り痛みがあまり出ずゴールまで走れたと推測されました。

後は反対側の荷重バランスが悪いことも影響している印象でした。

以上のことから、
まずは足首、膝周囲の局所の問題を取り、全体的な姿勢のバランスをみていくという方針で施術を進めていくことになりました。

初診での施術で歩行時の痛みは軽減しましたが、
ランニング復帰に向けては継続的な治療が必要とのことで次回のご予約をいただきました。

当院では痛みの起こっている根本的な原因を解決するように努めています。

ランニングの際の膝の痛みでお悩みの方は一度ご相談ください。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただきます。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

当院では明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療を勧めています。
自費治療では腰痛、肩こり、コンディショニングなど健康保険では取り扱えない慢性的な症状などにも幅広く対応しています。
全体のバランスを整え、鍼灸やNEUBOXを加えたオーダーメイドの施術をおこなってまいります。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.