膝のねじれについて - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

膝のねじれについて

2016/11/02 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

急な冷え込みで来院される患者さんの服装も冬物にあっという間に変わった印象です。

風邪など引かないよう体調管理には気をつけていきましょう。

さて、今回のテーマは「膝のねじれ」についてです。

歩いたり、走ったりするときの膝の痛みや違和感を訴える方の膝を評価させていただくとよくみられる特徴があります。

それは膝のねじれ

太ももの軸に対して脛(すね)の骨が外側にねじれていることが多くみられます。

O脚 下腿外旋 神戸 東灘 整体

女性だとこのような形にねじれている方が多い印象です。

膝ねじれ 内股 神戸 東灘 整体

このようなねじれがあると、
脚の軸がブレるので立ち上がりや歩いたりする動作で不安定な状態になります。
すると無駄な力が入りやすくなり脚の疲れが出やすくなります。

ねじれがキツくなるとO脚変形にもつながります。

このようなねじれが出てくる要因は様々ですが例を挙げると

とんび座りと呼ばれるようなつま先を外側に向けた座り方

膝ねじれ とんび座り 神戸 東灘 整体

を続けていたり、

スクワットや体重がかかるときに膝が内側に向いた状態

ニーイン 膝ねじれ 神戸 東灘 整体

になっていたりしていることが影響しています。

膝だけでなく、股関節・骨盤周囲の筋肉の固さや足部のアーチの崩れなどが膝にも影響します。

当院では膝のねじれを作っている
膝周囲の組織の癒着をとっていく手技と
「リアラインレッグプレス」
をよく処方しています。

O脚改善 リアラインレッグプレス 神戸 東灘 整体

手技で膝の回旋動作をしやすい状態を作ってから、
外側にねじれた膝を内側に誘導していきます。

O脚改善 リアラインレッグプレス 神戸 東灘 整体

img_4891

まっすぐな軌道で動かす意識がしやすく、
エクササイズ後は母趾球に荷重しやすくなる印象が出ます。(個人差はあります)

そして、ねじれが矯正された状態を維持するセルフエクササイズの指導を合わせておこないます。

足部からの影響が強い場合はインソールを処方することもあります。

本来の関節の動きを取り戻すことによりスポーツのパフォーマンスも上がりやすくなります。

私もランニング前にリアラインレッグプレスで膝の調整をすることもあります。

膝の痛みや違和感でお悩みの方は当院に一度ご相談ください。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただきます。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

当院では明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療を勧めています。
自費治療では腰痛、肩こり、コンディショニングなど健康保険では取り扱えない慢性的な症状などにも幅広く対応しています。
全体のバランスを整え、鍼灸やNEUBOXを加えたオーダーメイドの施術をおこなってまいります。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.