足からの腰痛 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

足からの腰痛

2016/11/01 カテゴリー:ブログ

おはようございます。

昨日はハローウィンだったのでかぼちゃを食べ甘いものも沢山食べて若干胃もたれしている養畑です。

さて、今回のテーマは「足からの腰痛」
について解説します。

当院に来院される方で腰痛を訴えられる多いです。

原因は様々ですが、
足からの影響で腰に負担がかかっている方が中にはおられます。

股関節や体幹部分のアプローチをしてもなかなか改善しないものが、足部のアプローチで改善する症例もあります。

今回は足のアーチの崩れで腰にどのような負担がかかってくるかをできるだけ分かりやすく解説したいと思います。

まずは、足の構造について

扁平足 神戸 東灘 整体 外アーチ

足には土踏まずが3つ存在します。

・内側縦アーチ
・外側縦アーチ
・横アーチ

この3つがドーム型を形成して地面からの衝撃を吸収したり、歩く際の力の伝達にうまく機能しています。

この3つのうち外側縦アーチの崩れが臨床でもよくみられます。

外側アーチが崩れている方は体重が外側にアンバランスにかかっている傾向があります。

膝にも影響します。お皿が外側に向きO脚方向にゆがんできます。

O脚 神戸 東灘 整体

図の右側の様なイメージです。

このような状態になると、外側に体重が流れない様に止める力が必要になってきます。

それが身体の外側のラインにある筋肉です。

ラテラルライン 矢状面 神戸 東灘 整体

この筋肉群が筋膜いわれる組織でつながっていて、体幹が外側に崩れないように「ブレーキ」の役割をしたり、左右のバランスを保つような働きをしています。

次に後方よりもう一度このラインをみてくださいを

ラテラルライン 後方より 神戸 東灘 整体

足から骨盤の外側につながっていることが分かると思います。

外側荷重が続くとこのラインに負担がかかり、骨盤を外側に開くようなストレスがかかります。

腰痛 神戸 東灘 整体

そうすると骨盤のつなぎ目である関節(仙腸関節)が不安定になり腰痛につながることがあります。

ご自身で外側荷重になっていないか簡易に確認する方法をお伝えします。

ある程度の期間履いている靴のかかとの部分に注目してみてください。

O脚 靴外減り 神戸 東灘 整体

図のような形に外減りしていませんか?

このような形になっていると靴を履いているだけで様々な関節に負担がかかることが想像できると思います。

外減りがキツいときは、そこを修正するか、あまりにもヒドい場合は靴を新しいものに変えましょう。

当院ではこのような場合、
足のアライメントを整える手技をおこないます。

そして、足は常に地面に接している部分なので変化が起こりやすいところです。

施術効果をより持続させるために
「リアラインインソール」
を処方しています。

リアラインインソール 神戸 東灘 整体

私も使用していますが、長距離を歩いても足の疲れが出にくく重宝しています。

リアラインインソール 神戸 東灘 整体

腰痛、足のトラブルでお悩みの方は一度ご相談ください。

当院は予約制となっています。ご予約ご希望の方は078-431-8230までお電話ください。
LINE@のメールでもご予約受付けていますが、お電話を優先させていただきます。

なお、キャンセルのご連絡はできるだけ前日までにお願いします。同じ時間のご予約をお断りしていることもありますのでよろしくお願いします。

当院では明らかな外傷以外は健康保険を取り扱わず自費治療を勧めています。
自費治療では腰痛、肩こり、コンディショニングなど健康保険では取り扱えない慢性的な症状などにも幅広く対応しています。
全体のバランスを整え、鍼灸やNEUBOXを加えたオーダーメイドの施術をおこなってまいります。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.