肘内障2例目 - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

肘内障2例目

2016/09/28 カテゴリー:ブログ

こんにちは

当院の近所には保育園があります。

そこの保育士さんが当院に通院されていた経緯で、
保育園に通われているお子様のケガで相談をいただくことがあります。

この年代で多いのが、
「手を引っ張った際に肘が抜けた」
と言われることが多い肘内障というものです。

実際には脱臼しているわけではなく、
肘の骨を取り巻く輪状靭帯というバンドのような組織がズレて引っかかった状態です。

東灘 肘内障 整骨院

こうなると腕を使いたがらず動かすと痛みを訴えて泣く子が多いです。

今回も手を引っ張った際に泣き出して腕を動かさなくなったとの連絡があり、施術に当たることになりました。

慎重に肘以外の問題を評価し、除外診断をおこなってから整復操作に入りました。

無事整復し元気に腕を動かすことができるようになりました。

これは放置しても治るものではないので、
専門家に早めの処置をしてもらうようにしてください。

当院は予約制ですが、このような怪我などの応急処置には対応しますのでお問い合わせください。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.