テニスコートの違い - 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院

神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院
ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら

テニスコートの違い

2016/07/17 カテゴリー:ブログ

おはようございます。
患者様とのお話で韓国麺の「プルタクポックンミョン」
という名前を10回聞いても覚えられなかった養畑です。
カタカナ系の名前は特に覚えにくく感じるこの頃です(笑)

さて、テニスに関しての理解を深めるシリーズ

先日読んでいたテニスマガジンで少し気になるデータがありました。
それがサーフェスによりラリー時間が変わるもいうもの
東灘 整骨院 テニス コート コンディショニング

テニス経験のない私にとっては「なんで?」と疑問に思いました。
しかも、コートにも種類があり名前だけでは分からないので調べました。

以下www.tennisbeginner.net/rule/post-2.html
の記事の中の画像を引用させてもらっています。

まずはグラスコート
東灘 テニス グラスコート 整骨院

イメージとしてはウィンブルドンで使われていて、天然芝を使ったコート
データによるとこのコートが1番ラリー時間が短いとあります。
それは球足が速く、イレギュラーなバウンドをすることが多いという特徴を見ると想像できますね。
サーブのスピードの速い選手が圧倒的に有利とのことです。

続いてクレイコート
東灘 テニス クレイコート 整骨院

赤土と粘土、砂を使ったコート
データによるとラリー時間が他のコートより1番長いとあります。
それは、土がボールの威力を吸収するため球足が遅くなる特徴から想像できます。
サービスエースが取りにくく逆に拾ってつなぐストローク重視の選手に有利とのことです。

最後にハードコート
東灘 テニス ハードコート 整骨院

表面が硬質の素材で覆われているコート(陸上競技のトラックの地面に近い)
球足が速く、イレギュラーしにくいということでラリー時間も他の2つの中間あたりに位置します。
硬いので身体の負担が大きいのが特徴とのことです。

以上3つのコートの特徴を述べました。

芝の王者フェデラー、赤土のナダルとか耳にするのも
コートの特徴で選手の得意分野が活かせたりそうでなかったりすることが要因としてあることを理解しました。

怪我をされた際でもどのコートでプレーしていたか
を問診時に聞くことはかなり重要になっねきますね。ハードコートだと身体の負荷もキツくなるとありますしね。

イメージを掴むために自らそれぞれのコートでプレーしてみることが1番だとは思いますが、なかなか難しいので実際来院されている患者様から色々体験談を聞こうと思います。

当院は連休となりますが、みなさま体調管理には十分お気をつけ下さい。

ようはた鍼灸整骨院へお問い合わせはこちら
#
# #

〒658-0081
兵庫県神戸市東灘区田中町4-6-7 ハイマート東灘103

お問い合わせ 078-431-8230

神戸市東灘区整骨院をお探しなら ようはた鍼灸整骨院におまかせください!

肩・腰・膝の痛み、頭痛やしびれなど身体のことでお悩みなら、神戸市東灘区にあるようはた鍼灸整骨院にお任せください。お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。

JR東海道本線住吉駅から2号線を東へ徒歩約10分 ジョリーパスタさんの隣

© 神戸市東灘区 ようはた鍼灸整骨院 All Rights Reserved.